クオリティーの高い製品を作る

>

新亜光学工業の高い技術力と特許取得

新亜光学工業の高性能な製品

新亜光学工業では、オートアイリスやシャッターユニットなど、高性能カメラに欠かせない部品を数多く製造しています。
その技術力の高さは、国内外のあらゆる取引企業からも認められています。
さらに特許取得という実績も兼ね備えています。

このように光に関する様々な製品を開発設計することで成長してきたのですが、カメラの部品にとどまらず、たとえばデジタルカメラの完成品の製造なども行っています。
特に注目すべきなのは、デジタルカメラの完成品のODM生産を実施している点です。

ODM生産とは、1つの企業で企画・設計・開発・生産までを行う方法です。
依頼する企業にとって、自社ブランド名で製品販売可能なこと、1つの企業でトータルで行われるために製造コストが抑えられることがメリットとしてあります。
新亜光学工業では、アジア圏を中心に事務所、関連会社や生産会社といったパートナーの存在があり、より低価格で高性能な製品の生産を実現しています。

新亜光学工業が考える特許取得の意義

新亜光学工業の高い技術力は、取引企業の多さだけではなく、特許という形でも見て取れます。
ご存知の通り特許取得は容易ではありませんし、光学分野においても然りです。
そんな中で特許の有無というのは、その企業の技術力を分かりやすい形で示す方法のひとつともいえるでしょう。

特許取得することで技術力が認められ、さらに企業の成長へとつながる、新亜光学工業ではこのように考えられています。
ただしその先にある大きな目的は、より便利で豊かな未来を見据えた技術の進化です。
単に自社の技術を独占したいから特許の出願をしているわけではないといいます。
特許料さえ支払えばその技術は他の企業でも使用可能ですし、技術を守ることによって、よりよい未来を皆で作り出そうという考えが根底にあるのです。

新亜光学工業では現在、カメラの部品にとどまらず、太陽光発電システムや医療用高性能カメラといった分野にも活躍の場を広げています。
よりよい未来をつくる企業として、また新たな分野での進化を期待されているのです。