クオリティーの高い製品を作る

>

運ぶ際に工夫するべきこと

慎重に部品を扱っている

精密機器の部品は、非常にデリケートです。
そのため少しでも衝撃を加えると、壊れてしまうかもしれません。
壊れたら再び作り直さなければいけないので、時間の無駄になります。
相手の企業に届ける締め切りが決まっているでしょうが、間に合わなくなることも考えられます。
新亜光学工業は、丁寧に部品を扱うことを徹底しています・

ですから部品が綺麗な状態で、相手に届きます。
梱包する際に、雑に扱っているとすぐに壊れてトラブルが起こります。
1つ1つの部品を丁寧に梱包することが大事なので、社員に教育しています。
それが、新亜光学工業が人から信頼されている理由です。
高い技術だけでなく、そのような面も好まれて新亜光学工業が利用されています。

急激な温度変化に注意する

部品は寒い環境も、熱い環境も苦手です。
適切な温度に指定内と、壊れてしまいます。
見た目に変化は起こっていなくても、部品の内部が壊れているかもしれません。
新亜光学工業は部品にトラブルが起こらないよう、温度を一定に保てるシステムを導入しています。

ですから、トラックで輸送していても部品が壊れる心配はありません。
自分たちで輸送するからこそ、大事に管理しています。
1回でもトラブルが起こると、信頼が低下してしまいます。
新亜光学工業で働く社員は、そのことをよく理解しています。
失った信頼を取り戻すのは難しいので、最初から信頼を失わずに済むよう工夫しています。
また輸送中も何度かトラック内の温度を、点検しています。