クオリティーの高い製品を作る

>

失敗した部品を取り除く

失敗していないかチェックしている

綺麗に作ることができた部品だけ、顧客に送り届けます。
失敗作が混ざっていたら大変なので、検品の時点で取り除かなければいけません。
厳しくチェックすることで、クオリティーの高い部品だけを世の中に出しています。
チェックが甘いと、失敗した部品も顧客に行き渡ってしまいます。
それを使って精密機器を作っても、すぐに壊れたり正しく起動しないなどのトラブルが起こります。

たくさんの人に迷惑を掛けるので、検品は非常に大事です。
新亜光学工業は、厳しく検品する社員が存在します。
ですから世の中に失敗作が行き渡ることはありませんし、失敗だと言われたら足りない分を急いで作ります。
集中して作業しないと、全部が失敗作になってやり直しが多くなります。

ノルマをクリアするために

新亜光学工業は、いつもノルマを設定しています。
決められた分を作らないと、必要としている顧客に行き渡りません。
締め切りを、顧客から指定されることも多いです。
時間を守るということは、信頼を得るために欠かせないことです。
ですから新亜光学工業で働く社員は、集中力を持って仕事に取り組んでいます。

集中していれば同じ作業が続いても、飽きて生産力が低下することはないでしょう。
同じ作業が続くので、すぐに飽きてしまう人は仕事を続けられません。
新亜光学工業も、新入社員を募集することがあります。
その時は、集中して仕事に取り組めるという部分を重心的にチェックしている傾向が見られます。
何時間でも集中できる人は、新亜光学工業で重宝されます。